異なるブランドのクレジットカードを保有する

クレジットカードを作成する際はブランドを選択することになります。ブランドによって使用できる店舗とできない店舗があるため、できるだけシェアを把握してから作成することが大切だと考えています。しかし、クレジットカードを初めて作成した際は、クレジットカードのブランドことはよく知らなかったので、適当に選びました。しばらくは問題無くクレジットカードによるショッピングを楽しんでいたのですが、海外の通販サイトでショッピングをしようとした時、私のクレジットカードのブランドを取り扱っていませんでした。そこで、1枚目とは異なるブランドのクレジットカードを作成し、現在は海外の通販サイトでも問題無くショッピングできています。

クレジットカードは、年会費を払った方がお得な場合も!

クレジットカードを新たに作る場合、どうしても、気になってしまうのがそのクレジットカードの年会費です。できれば、年会費無料のクレジットカードを作り、それを利用した方がお得なように思えますが、実際の所、絶対にそうだと言い切る事は出来ません。クレジットカードの年会費が必要と言うところには、それなりにお得なポイントもあり、場合によっては、年会費を払った方が年間で考えた場合、お得になる場合も十分考えられるのです。例えば、年会費を払う事で、ポイント還元率が良くなるクレジットカードがあります。その場合、そのクレジットカードを利用し、買い物や公共料金の支払を行う場合、年会費を支払い、ポイント還元率をアップさせた方が、結果、年間で考えるとお得になる場合もあるのです。その為、まずは、大まかな使用予定額を計算し、年会費の有無を決めると良いかと思います。

海外旅行中のクレジットカードトラブル

数年前、海外をバックパック旅行中に気分が悪くなって倒れ、現地の病院に入院した経験があります。幸い同行者がいて手続きはすべて行ってくれ、また症状も軽かったので一日も経たずに退院できました。ですがホテルについて確認すると、荷物から財布が抜き取られていたのです。まず控えておいたクレジットカードのヘルプデスクに電話してカードを使用差し止め状態にし、次いで病院に問い合わせると、「こちらで預かっている」とのことでした。入院患者の貴重品は現金含め全て事務所にて預かることになっている、退院時に返す手続きだったのにあなたはわかっていなかったのですね、とそんな風に笑われました。そうでしょうか?私が問い合わせなければ、返す気もなかったのでは?という不安感・猜疑心を強く持ちましたので、カードは出てきたもののそのまま差し止め状態にし、その後の旅程は現金と同行者の建て替えで乗り切りました。帰国してからすぐにカード更新の手続きをしてもらい、一応はひと段落したのですが、カードのセキュリティ管理に関してはいまいちしこりの残る嫌な思い出となりました。

クレジットカードの限度額について

クレジットカードの限度額について、普段から気にして使っている方はどの程度いるでしょうか。クレジットカードの限度額さえ知らないと言う方も多いかもしれません。実はここが大きな間違いです。きちんとクレジットカードの限度額を守って利用しないと後は後で痛い目にあうからです。私の友人もクレジットカードの限度額を把握せずに使ってしまい、気がついたときにはクレジットカードの支払いを止められていて翌月の支払いで非常に困ったと言うことがありました。もちろん、使用するたびに明細が出てくるので毎月いくら使ったかはわかるはずですが、自分の限度額をしておかないとその明細も意味がありません。カードキャッシングも同じ事ですが計画的にクレジットカードを利用しましょう。

サインが不要なクレジットカード

実店舗でクレジットカードを使用して支払いをする際、多くの場合はサインの記入を求められるかと思います。サインをすることによってカードに書かれているサインと見比べることができ、本人確認としての機能を果たしているのです。しかしスーパーやコンビニといった店舗では求められないことがあります。これはそのスーパーやコンビニがクレジットカード会社とサインレス決済という契約を結んでいるためです。レジでサインを求めるなどの動作が加わると時間がかかり、レジが混んでしまうことに繋がります。サインレス決済を導入することで他のお客様を待たせることがなくなるのです。しかしすべての店舗で行われているわけではありませんし、店舗ごとに適用される金額が定められているということは念頭に置いておくと良いでしょう。

P-oneカードを使ってみました

P-oneカードを使ってみての感想は、毎月小額(数万円程度)しか使わないのであれば、このカードで十分だな、と感じたことです。色々とポイントが有利だというわれるカードはあります。しかしながら、大抵そういったカードはポイントがある程度まで貯まったらボーナスポイント付与とかある一定のところでしか使えないものなど、あまり消費しない人間にとってはそこまでおいしいものではありません。それに対して、このカードでは利用金額それぞれに対して1%を請求金額から差し引いて請求してきますので、即時現金還元ということになります。しかし、不便なのは2回の分割でも金利が付くことです。そんなに毎月使わないのであれば、このカードで十分な還元効果は期待できます。

クレジットカードはポイント還元率で選べ

クレジットカードを選ぶ時には年会費も大切ですが、ポイント還元率に注目して選びましょう。ポイント還元率とは買い物をした時の金額に対して付くポイントの割合です。1000円買って5ポイントなら還元率は0.5%です。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%から1%です。しかし、私が使っているJACCS系のREXカードのように1.5%という高還元率のカードもあります。仮に還元率0.5%のカードと比較すると、年間購買金額が100万円だとすると年間で5000ポイントも多くもらえることになります。大きいですよね。この差は。ですから、カードを選ぶ時には年会費だけではなく、ポイント還元率もよく見て検討するようにしましょうね。

皆さん、Tカードプラスって今も使ってますか?

私の人生初の記念すべきクレジットカード、Tカードプラス。TSUTAYAにCDをレンタルに行くのがたまの楽しみだった7、8年前、年会費無料ということで恐る恐るクレジット付きのカードを作りました。誕生日の月には無料レンタル特典があったり、カメラのキタムラ、ガスト、Family Martでもポイントが貯まる使えると色んなところで使えるようになってますます便利☆作って良かった♪と長い間メインカードとして使ってきましたが、数年前から年間5万円以上の利用が無いと年会費がかかるようになってしまいました。エネオスで給油をすれば年間5万円は軽く超えるとは思うのですが、最近、海外に留学したりとますますこのカードを使う機会が減りつつあります‥。寂しい気もしますが、サヨナラする日も近いのかもしれません。

即日発行できるクレジットカードの2つのメリット

クレジットカードをスグ手に入れたい!そんな人もいるでしょう。最近ではインターネット上でもクレジットカード決済のみ対応しているサービスも多くなっており、カードを持っていないと何かと不便です。まだカードを持ったことがない人は、「カードを発行してもらうまでだいたい2週間以上かかる」というイメージを持っている方が多いはず。確かに圧倒的多数のカードが、申し込みから発行まで長い期間がかかります。しかし最近、そういったカード申し込みから審査のスピードを早め、なんと即日でクレジットカード最短発行してくれる業者も見かけるようになりました!スグにでもこのインターネット通販で商品を買いたい、海外旅行に行く前にクレジットカードを準備しておきたい!そんなニーズがある人は是非、即日発行のクレジットカードを検討されてみてください。インターネット上で簡単に申し込みができ、利用限度額によっては収入証明書の提出不要なカードも存在します。日本国内でもこういった金融系サービスの進化がめざましくなっています。今後、クレジットカードを持つのと持たないのとでは、生活の便利度が随分変わってくるはずです。まだ持っていないという人は、こういった即日発行の商品などを是非ご活用下さい。

パスワードに気をつけて

数年前のことですが、多数のオンラインショップで、同じクレジットカードを同じパスワードで使用していた時期がありました。便利なのでいろいろなサイトを利用して購入していたのですが、クレジットカードやパスワードの管理について認識が甘かったと思います。ある日、クレジット会社の方から、「海外から購入されているようです。お心当たりはありますか。」という連絡があり、クレジットカードを不正に利用されていることがわかりました。家族や知人に対してカード番号やパスワードを教えたことは無かったのと、 海外からの購入ということで、おそらくネット上でカード番号とパスワードを盗まれたのだと思いました。それ以後は、パスワードを全て異なるものとしており、被害もありません。クレジットカードを利用する際にはパスワードの管理が重要と痛感しました。