サインが不要なクレジットカード

実店舗でクレジットカードを使用して支払いをする際、多くの場合はサインの記入を求められるかと思います。サインをすることによってカードに書かれているサインと見比べることができ、本人確認としての機能を果たしているのです。しかしスーパーやコンビニといった店舗では求められないことがあります。これはそのスーパーやコンビニがクレジットカード会社とサインレス決済という契約を結んでいるためです。レジでサインを求めるなどの動作が加わると時間がかかり、レジが混んでしまうことに繋がります。サインレス決済を導入することで他のお客様を待たせることがなくなるのです。しかしすべての店舗で行われているわけではありませんし、店舗ごとに適用される金額が定められているということは念頭に置いておくと良いでしょう。